トップ > ヨーグルトの選び方

ヨーグルトでお腹のガス解消

ガスによるお腹の張りの原因は、食事のときや緊張時に空気をたくさん飲みこんでしまうことや、加齢やストレス、不規則な生活習慣によって腸内の悪玉菌が増えて、腸内環境が悪化してしまうことです。

食事のときに噛む回数を意識してゆっくりと食べること、空気を飲みこまない努力をすることは、意識すればカンタンに実践できるもので、そこまでむずかしいものではないと思います。

しかし、腸内環境は違います。目に見えない部分ですし、生活習慣を変えるというのはむずかしいもの。

できれば徹底的にやりたいところですが、比較的カンタンに実践できる腸内環境の改善方法として、ヨーグルトを食べるという方法があります。ヨーグルトには善玉菌がはいっており、悪玉菌を減らせるからです。

とはいっても、どんなヨーグルトでも良いわけではありません。ここでは、お腹のガス解消に有効だと考えられる、ヨーグルトの選び方を説明します。

ヨーグルトで善玉菌を摂る

ヨーグルトを食べるのがなぜ良いのかというと、善玉菌を増やすことができるからです。

ヨーグルトは発酵食品であり、基本的には乳酸菌が含まれています。この乳酸菌とは、腸内の善玉菌の主役であるビフィズス菌や、そのほかの乳酸菌のこと。

ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が増えれば、それらが産生する乳酸や酢酸が増えます。それによって、酸性の環境下では棲息しにくい悪玉菌を減らすことができ、腸内環境の改善が見こめるのです。

ただ、外部から善玉菌を摂っても、数日から数週間で死滅してしまったり、便と一緒に排出されたりしてしまいます。そこで、ヨーグルトの摂取をなるべく続けていくことが大事。

また、せっかくヨーグルトを食べていても、肉類を食べすぎるなど食生活が乱れていたり、就寝がいつも12時過ぎで、ストレス過多の生活を送っていたりする場合は、腸内環境は改善されにくいです。

まずはヨーグルトの摂取からはじめて、なるべくその後は生活習慣の改善もあわせておこなうというようにすれば、腸内環境の改善とお腹のガス解消がより効率的にできると思います。

ヨーグルトの種類と選び方

市販のヨーグルトはたくさんありますが、腸内環境改善とお腹のガス、張り解消には、どんなヨーグルトでも良いというわけではありません。

抑えるべきポイントは 2つ。「プロバイオティクスであること」「ビフィズス菌が含まれていること」です。

プロバイオティクスとは、人体にとって有益な働きをする生きた微生物のことです。つまり、生きたまま腸まで届くビフィズス菌や乳酸菌のこと。これらの善玉菌を含むヨーグルトを選びましょう。

目印は、パッケージに「プロバイオティクス」「生きたまま腸まで届く乳酸菌」「生存率が高い」などの表現があるもの。そのような表現があれば、プロバイオティクス商品であるはずです。

最近の研究によれば、生きたまま腸まで届く乳酸菌ではなくても、免疫細胞を刺激して、カラダの抵抗力が上がるということはわかっています。しかし、腸内環境の改善に役立つかは不明な部分が多いです。

なるべく、生きたまま腸まで届くビフィズス菌や乳酸菌の入った、プロバイオティクスのヨーグルトを選びましょう。

もうひとつのポイントは、ビフィズス菌が含まれていること。善玉菌とひとくくりにしていますが、腸内の善玉菌は 99.9%がビフィズス菌で、乳酸菌の数は残りの 0.1〜0.001%ほどです。

乳酸菌が乳酸しかつくらないのに対して、ビフィズス菌は乳酸のほか酢酸もつくります。それらの酸には整腸作用があり、ぜんどう運動をうながして便通を改善したり、悪玉菌を減らしたりします。

腸内環境を改善するための主役はビフィズス菌なので、なるべくビフィズス菌入りのヨーグルトを選びましょう。

もちろん乳酸菌だけで発酵されているものでも、効果がないわけではありません。悪玉菌を減らしたり、ビフィズス菌がすみやすい環境をつくったりするので、強いコダワリがある場合はそちらを選んでください。

これらの条件に合う市販のヨーグルトの一部を、以下に紹介します。わたしが食べているのは、グリコのBifiXや、イオン(TOPVALU)のヨーグルトなどです。トクホの認定を受けている、森永のビヒダスも良いですね。

このページのトップへ

トップページ