トップ > 善玉菌を増やす方法

善玉菌を増やす食べ物やサプリ

腸内環境の改善によって悪玉菌が減り、それによって悪玉菌が産生するガスも減ります。そのガスが減ることによって、お腹の張りやギュルギュルという音、おならの臭いなどが軽減されます。

腸内環境を整えるには、悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことが大事。ここでは、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やす食べ物やサプリメントなどを紹介します。

善玉菌を増やす食べ物

善玉菌を増やす食べ物には、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌自体を含む「プロバイオティクス」と、腸内にすんでいる善玉菌を増やす作用を持つ「プレバイオティクス」の 2種類があります。

プロバイオティクスの代表としては、ヨーグルトや乳酸菌飲料があります。

ヨーグルトは発酵食品であり、いろいろな種類の乳酸菌を使って発酵されたヨーグルトが、食品会社各社からさまざまなカタチで商品化されて販売されています。

ビフィズス菌を多く含むもの、生存率の高い善玉菌を含むもの、飲むヨーグルトなど、森永やグリコ、協同乳業、日清食品グループなどたくさんの企業が製造・販売しています。

またヤクルトからはヤクルトやミルミル、日清食品グループからはピルクルなど、乳酸菌飲料も販売されています。

ヨーグルトや乳酸菌飲料には多くの善玉菌が配合されており、また安価なので生活に取りいれやすいのが良いところですね。ぜひ毎日のヨーグルト習慣をつけてほしいと思います。

しかし、乳製品が苦手であるという場合もありますよね。また、ダイエット中の場合は、ヨーグルトに含まれる糖質や脂質が気になると思います。無脂肪のものなどもありますが、できれば避けたいところ。

そういう場合にオススメなのは、漬物や味噌などに含まれる乳酸菌を摂ることです。ビフィズス菌とはちがい、乳酸菌は酸素がある環境でも生きられるため、自然界に多く存在します。

日本人に親しみのある食品としては、漬物や味噌、キムチなどがそれにあたりますので、ぜひそれらの食品を毎日の食卓に並べることをオススメします。

腸内にすでに棲んでいる善玉菌を増やすプレバイオティクスには、オリゴ糖と食物繊維があります。オリゴ糖は善玉菌のエサになり、食物繊維には便通を改善したり有害物質を排出したりする作用があります。

ビフィズス菌の栄養になり善玉菌を増やす作用のあるオリゴ糖は、ゴボウや玉ねぎ、大豆や甜菜などに多く含まれますが、ほかの食品にくらべて多いというだけで、絶対量としては非常に小さいです。

ですので、オリゴ糖を効果的に摂るには、健康食品やサプリメントを使うのがオススメです。

食物繊維は、食品から摂ることがオリゴ糖ほどむずかしくありません。野菜や果物、穀類、豆類、海藻類などをふだんの食事に取りいれて、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂っていきましょう。

生活習慣の見直しをする

善玉菌を増やすには、生活習慣の見直しも大事です。不規則な生活習慣は、善玉菌を減らして悪玉菌を増やすからです。

毎日の食事の時間を一定にする、睡眠時間を充分にとる、適度な運動をする、リラックスできる時間をつくってストレスを軽減するなどの対策をとることで、善玉菌が減らないようにすることができます。

また、食事に関しては肉類の摂取を控えることもポイントのひとつ。悪玉菌はタンパク質をエサにして増殖したり、有害物質をつくりだしたりします。その量を減らすためにも、肉類の過剰摂取は控えましょう。

乳酸菌サプリを摂る

善玉菌を増やす方法としては、食事や生活習慣の見直しをするのが基本であり、大事です。

ただ、生活習慣の変更というのはなかなか大変ですし、毎日の食事をコントロールするのはむずかしいもの。そこで、よりカンタンに善玉菌を増やす方法として、「乳酸菌サプリ」を摂るというものがあります。

乳酸菌サプリとは、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が大量に配合されているサプリメントのこと。

善玉菌が凝縮されているので効率的に摂取できますし、オリゴ糖など、ふだんの食事では摂れないけれど重要である栄養素もあわせて配合されていることもあります。そのため、腸内環境に気をつけたい場合にオススメです。

わたしがオススメするのは、森下仁丹の「ビフィーナS」です。

ヒト由来のビフィズス菌が 1包あたり 50億個、乳酸菌が 10億個、そしてオリゴ糖が配合されていて、必要な善玉菌とその栄養を一緒に摂ることができるすぐれものです。

乳酸菌健康食品部門で 18年連続売上No.1 という実績があり、また森下仁丹が 100年以上の歴史のある企業だということもあるので、通販でありながら非常に信頼できるというのも良いところ。

市販の指定医薬部外品「新ビオフェルミンS」も手軽に買えること、価格が安いことなどが良いですが、1日に摂取できるビフィズス菌は 3億個、乳酸菌は 6億個なので、数がまったくちがいます。

通販が不安な場合は新ビオフェルミンS からはじめるのも良いと思いますが、長期的に腸内環境を改善していくことを考えているなら、わたしはビフィーナS を自信を持ってオススメします。

善玉菌を増やす食事、生活習慣などに気をつけつつ、乳酸菌サプリの活用もして、腸内環境を整えることでお腹のガスを解消できるよう、がんばっていきましょう。

ビフィーナS の詳細はこちら

このページのトップへ

トップページ