お腹のガスの解消法 トップ

お腹のガスを減らして張りや腹痛を解消する

お腹のガスに悩んでいる女性は多いと思います。お腹のガスによる張りがツライ、強い腹痛がある、スカートやズボンがきつい、音が鳴るのがイヤだ…などなど、ガス腹による悩みはいろいろあります。

特に脂肪が多くなく、スレンダーな体形なのに下腹だけ出ているポッコリお腹の方もいます。そういった場合も、やはりガス腹が原因であることが多いです。

ここでは、お腹にガスがたまる原因と、その解消法を紹介しています。いわゆる腹部膨満感(ふくぶぼうまんかん)に悩んでいる場合には、ぜひ参考にしてください。

お腹にガスがたまる理由

お腹にガスがたまる原因は、食事や緊張時に、食べ物や唾液と一緒に空気をたくさん飲みこんでしまうことや、腸内環境の悪化によって腸内でのガスの産生が増えることなどです。

食事のときにあまり噛まずに飲みこんでしまったり、緊張したときやストレスを感じたときにツバをゴクンと飲みこんでしまったりしたときに、一緒に空気も飲みこんでしまっている場合があります。

そういった機会が増えることが、お腹にガスがたまる原因になります。

また、腸内環境も非常に大事。腸内には善玉菌や悪玉菌がすんでいますが、そのバランスが崩れて悪玉菌が増えると、悪玉菌がタンパク質などをもとに産生する有害なガスも増えます。

それによってお腹にガスがたまるだけでなく、さらに腸内環境が悪化して便秘になったり、おならが臭くなったり、体臭や口臭が発生したり、肌荒れが起きたりしてしまいます。

空気を多く飲みこまないこと、そして腸内環境を整えることが、お腹のガス解消のキーポイントです。

食べ方を変えてガスを減らす

ガスの 90%は、食事のときなどに飲みこんでしまう空気だといわれています。そこで、まずは食事のときに飲みこむ空気の量を減らすように意識しましょう。

食事のときは、ひと口ひと口、ゆっくり噛んで時間をかけて食べる。そして食事をしていないときは、唾液の分泌が多くなり過ぎないように、歯と歯のあいだを離すようにする。

これだけで、食事やツバと一緒に飲みこんでしまう空気の量はかなり減ると思います。意識するだけでできることなので、いつもの食事のときに、少しずつでも実践することをオススメします。

呑気症を改善する

緊張したときやストレスを強く感じたときなどに、唾液と一緒に空気を呑みこんでしまうことを「呑気症」といいます。

呑気症は、歯を食いしばることで起こります。緊張すると歯を食いしばり、それによって唾液が分泌されて、それを飲みこむときに空気も一緒に飲みこんでしまうのです。

緊張時や強いストレスを感じたときに、意識して歯を離すようにすることで、ツバの量が減り、それにともなって飲みこんでしまう空気の量も減ります。

緊張することやストレスを感じることはふつうのことですし、なくすことはできませんので、そういったときになるべく歯を離して、飲みこむツバの量を減らすようにすることがなにより大事です。

腸内環境を改善して悪玉菌を減らす

腸内環境を改善することは、非常に大事です。お腹にガスがたまるという場合、腸内環境が悪化している可能性が高いからです。

お腹にたまるガスのうち、90%程度は空気で、残りの 10%ほどが腸内で発生するガスであると説明しましたが、産生されるガスの量の割合が小さいからといって、油断してはいけません。

お腹でガスが発生すること自体は、誰にでも起こることです。しかし、多くの人は呼気やおならによってスムーズにガスを排出するため、お腹にガスが溜まりません。

ガスによる張りを感じる人の多くは、腸内環境が悪化して、腸壁によるガスの吸収、ゲップやおならによる排出がうまくいっていないことが多いのです。

そのため、ガスの量に関係なく、腸内環境を改善することはとても大事です。腸内環境を整えることで、ガスによる張りだけでなく、便秘や肌荒れ、おならの臭いなどが改善できる可能性があります。

腸内環境を整えるとは、つまり悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことです。

腸内の悪玉菌が増えると、それにともなって腸内環境は悪化して、悪玉菌がつくりだすアンモニアや硫化水素などの有害物質(ガス)の量も増えます。便秘や肌荒れの原因になることもあります。

悪玉菌を減らして腸内環境を整えるには、善玉菌を増やす必要があります。ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やすことで、善玉菌が産生する乳酸や酢酸が増えて、その酸によって悪玉菌の増殖が抑えられます

腸内の酸性度を上げて、悪玉菌が増えない環境をつくる。そのために善玉菌を摂る。それが、腸内環境を改善するための基本になります。

オススメの乳酸菌サプリ

腸内環境を改善するには、悪玉菌を減らして善玉菌を増やす必要がある。それはわかったけど、具体的にはどうすればいいのだろう?

そんな疑問がわくと思います。その答えは「乳酸菌サプリで善玉菌を摂る」です。

善玉菌を含む食品にはヨーグルトや乳酸菌飲料などがあり、それらを摂ることでも腸内環境の改善は見こめます。しかし、毎日ヨーグルトをたくさん食べるのはカロリーが気になるし、お腹もいっぱいになります。

ダイエット中の方にはむずかしいと思いますし、ヨーグルトが好きでも飽きがきてしまいます。そもそも乳製品が苦手な方もいるでしょう。

善玉菌を増やすには継続することが大事ですが、食べるのが面倒になったりイヤになったりして、続けられなくなると意味がなくなってしまいます。

しかし、サプリならそんなことはありません。乳酸菌が大量に配合されているので効率的ですし、乳製品が苦手でも大丈夫。カロリーもヨーグルトよりはるかに低いですし、いつでもサッと飲めます。

さらに、ヨーグルトを大量に食べるよりも安価な場合もあります。善玉菌を増やす食事や生活習慣の改善はいきなりできませんし、むずかしい場合もあるでしょう。しかし、サプリの摂取ならすぐに実践できます

というわけで、悪玉菌を減らすためには、乳酸菌サプリを摂るのがオススメ。

乳酸菌サプリには非常に多くの種類があり、迷ってしまうこともあるかもしれません。数ある乳酸菌サプリのなかで、わたしがオススメするのは森下仁丹の「ビフィーナS」です。

ビフィーナS には善玉菌の代表格であるビフィズス菌が1包あたり 50億個、アシドフィルス菌とガセリ菌という乳酸菌が合計で 10億個、そしてオリゴ糖までも含まれています。

オリゴ糖はビフィズス菌の栄養になり、ビフィズス菌を増やす作用があります。つまりビフィーナS では、善玉菌を摂取すると同時に、腸内で善玉菌を増やすための栄養素も摂ることができるのです。

独自技術の「ハイパープロテクトカプセル」によって、本来は胃酸に弱いビフィズス菌が生きたまま腸まで届くというのも、ポイントのひとつ。生存率が高く、腸内での増殖を期待できます。

乳酸菌健康食品部門で 18年連続売上No.1 ということで、いちばん選ばれている乳酸菌サプリであることも、効果を実感している人が多いことを示していると思います。

価格は 1か月で 3,000円しません。初回限定価格ならもっと割安。1日 100円以下なので、はじめて買うときの不安が少ないですし、また継続するときにも安価なので助かります。

わたしは毎日ビフィーナS を飲みつつ、さらにヨーグルトを食べていますが、いつもトイレではスッキリしていますし、お腹のガスによる不快な張りをもうずっと感じていません

お腹のガスが気になるけど薬の服用はしたくない、腸内環境を改善したいけど生活習慣の改善は面倒。そんな場合には、カンタンに善玉菌を大量に摂取できる、ビフィーナS をオススメします。

余裕が出てきたら生活習慣の改善もあわせておこなうことで、より効果を実感できると思います。善玉菌を増やしたり、生活習慣を変えたりして、ぜひお腹のガスによる不快な症状を解消しましょう。

ビフィーナS の詳細はこちら

ビフィズス菌サプリの情報

乳酸菌サプリの中でも、特に良いと考えられるのがビフィズス菌を含んでいるサプリメントです。

腸内の善玉菌のほとんどはビフィズス菌で、そのほかの乳酸菌はごくわずかだからです。もちろん、ラクトバチルス属やラクトコッカス属などの乳酸菌も良いのですが、最適なのはビフィドバクテリウム属(ビフィズス菌)だと思われます。

このサイトではお腹のガスを出すための情報を掲載しており、善玉菌や腸内フローラ(腸内細菌の生態系)について、そこまで詳しい情報を紹介できていません。

というわけで、以下に参考となると思われるオススメのサイトを紹介しておきます。

参考 : 善玉菌を増やす!ビフィズス菌サプリのおすすめランキング

上記のサイトは1つ1つの記事が非常に丁寧で、深く詳細な情報が載っていますので、わたしも参考にしています。善玉菌を増やすためにビフィズス菌サプリを摂ろうと考えている場合は、ぜひ参考にしてください。

更新情報

  • 2015年07月26日 : トップページにビフィズス菌サプリの情報を追加
  • 2015年03月15日 : サイトを公開

このページのトップへ

トップページ